セグウェイ

おきなわ花と食のフェスティバルの会場に設けられていたセグウェイの体験コーナー。

自分らが訪れたときは合間の時間帯で試乗はできませんでしたが、チャンスがあれば乗りたかったなぁ。

これってどんな仕組み?と気になったのでググッてみた。

セグウェイに人の心がわかるはずはありません。それでもセグウェイが乗った人の思い通りに動くのは、その人の体の動きをとても細かくとらえているから。セグウェイにはかたむきを調べるセンサーが2こ、ジャイロスコープという、やはりかたむきを調べる道具が5こついています。
ヒトは前に進もうと思うと、自分でも知らないうちに、体が前にかたむきます。つまり、体重が後ろより、前の方にかかります。すると、まっすぐに立っている時には地面と水平だったセグウェイの台が、少し前の方にかたむきます。セグウェイのジャイロスコープは、1秒間に100回も、台がかたむいていないかどうかを調べているので、乗っている人の体がほんの少し動いただけでも、すぐにわかるのです。

ところで、カーメンさんといっしょにセグウェイを作ったフィールドさんは、こんなことを言っています。「セグウェイは手のひらの上に、ほうきをさかさまに立ててバランスをとるのに、にている」って。
みなさんも一度はやったことがあるかな?手のひらの上のほうきが前にたおれそうになると、手を前に出しますね。
後ろにたおれそうになったら、手も後ろに引きます。このほうきと手のひらの関係は、人とセグウェイの関係と同じ。セグウェイは、乗っている人の体をまっすぐにしようと、前や後ろに動くのです。

センサーやジャイロスコープを使って乗っている人の体がかたむいていると知ると、セグウェイの中のコンピューターが、どの方向にどのくらい進めばいいのかを判断(はんだん)して、車輪を動かすのです。だから、前に進みたい時には体を前にかたむけ、後ろに行きたい時には後ろにかたむけ、止まりたい時には、体をまっすぐにすればいいのです。

なるほど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. RD-6600-SS

    2009.05.14

    疑問?
  3. WordPress

    2010.05.30

    日曜練習会
  4. キャンドル作り
  5. WordPress
  6. WordPress

    2009.11.30

    総括
  1. タケウチ 2011.02.22 2:24pm

    セグウェイってこんなにゴツゴツしてましたっけ?
    イメージとしてはもっとシュッとしてて未来的だったイメージがあるんですが、オフロード仕様なんですかね?
    どのくらいまで走破性があるのか気になります。乗ってみたいな~
    (確か、カヌチャでレンタルしてた様な記憶が…)

  2. もんち 2011.02.25 11:52am

    タケウチさん。
    自分もこれを見て?と思いましたが、いくつかの仕様があるみたいですね。
    県内でも何か所か乗れるところがあるようなので、次は体験レポでも書いてみたいところです o(´∀`)o
    PS.記憶のとおり、カヌチャでも乗れるようです。

2011年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728