同姓同名

この前、バイスクルキッズの「大城一也」さんに用があって電話しようとしたときにあった出来事。

携帯電話のアドレス帳から「大城一也」を探していざ発信!
発信音「プルル」が続いたあと、「はい、大城です。」との返事。

その返事の声を聞いた瞬間、なにか違う(キッズの大城一也さんと)感じがしたんです。

以下、会話の内容。

自分 「一也さん?」

大城一也さん 「はい!」

自分 「大城さんですよね?」

大城一也さん 「はい、そうですが。」

自分 「大城一也さんですよね?」

大城一也さん 「はい!」

自分 「長山ですけど。。。」

大城一也さん 「だから、どうした?」

自分 「(しばし無言のあと)ごめんなさい、もう一方の大城一也さんだと思い電話をしていました。」

と言うのも、同姓同名のうえ漢字も全く一緒な方がいるのをすっかり忘れていて、その方の携帯電話へ発信してしまったのが原因でした。

そのあと、大城一也さんに謝ったのは言うまでもありません(汗)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. WordPress

    2008.04.04

    決勝進出
  2. 30万円貯まるBANK

    2009.11.20

    貯金箱
  3. NO IMAGE
  4. 白いタイヤキ

    2009.06.04

    白いタイヤキ
  5. WordPress

    2007.01.01

    謹賀新年
  6. NO IMAGE

    2009.12.23

    南部一周

コメントをお待ちしております

2008年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031