自転車のルールが変わる!

今年の6月1日までに改正道路交通法が施行され、自転車の通行ルールがこれまでと変わるそうです。

何が変わるのかというと、「幼児や高齢者が危険な場合」や「車道または交通状況からやむを得ないと認められるとき」は歩道を通行することができるというもの。

ここで?と思った方がいるかも知れませんが、「自転車の歩道通行可」の道路標識などで指定された歩道以外は「車道を走るのが基本」なのです。

じゃあ、どう自転車のルールが変わるのかをまとめてみると、

▽これまで

  • 車道が原則ですが「自転車の歩道通行可」の道路標識などで指定された歩道は走ることができる

▽これから

  • 従来どおり、道路標識で「自転車の歩道通行可」と指定された場所を通行することができる
  • 13歳未満の子どもが運転するときは歩道を通行可(高齢者についても検討中)
  • 自転車の通行の安全を守るため、車道または交通状況からやむを得ないと認められるときは歩道通行可
  • 歩道は歩行者優先。自転車で歩道を走るときは、車道寄りを徐行し、歩行者の通行を妨げるときは一時停止する
  • 歩行者も「普通自転車通行指定部分」をできるだけ避けて通行する努力義務
  • 児童または幼児の乗車用ヘルメット着用の努力義務

などとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. WordPress
  2. NO IMAGE
  3. 06062901
  4. シーミー

    2014.04.13

    シーミー
  5. 08050601
  6. CATEYE INOU

    2011.05.30

    CATEYE INOU

コメントをお待ちしております

2008年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930