リンクを貼るプラグイン

特定のキーワードに自動的にリンクを貼ってくれるプラグインを導入してみました。

そのプラグインは、MovableTypeで行こう!の管理者であるCHEEBOWさん提供の「KotonohaLinkプラグイン」です。

特定のキーワードに常にリンクを貼りたい方には良いプラグインだと思います。

こんな感じで自動的にリンクが貼られます。

「バイスクルキッズ」「な!」「がんパパ」「TANDEGA」などなど。

上記のキーワードに対してはリンクを貼る作業を行っていません、エントリーの中にそのキーワードを記述しただけでリンクされます。
プラグインを導入し、設定ファイルでキーワードとそれに対するURLを予め設定するだけです。

設定にあたっては、swimmer’s bbog ver.2.0も参考にしました。

下記は「KotonohaLinkプラグイン」の使い方から引用です。

KotonohaLinkはグローバルフィルタとして動作します。例えば、以下のように使います。
<$MTEntryBody KotonohaLink=”1″$>

こうすることで、エントリの本文中の定義された言葉が、リンクつきの文字列へと置き換わります。

言葉の定義は、KotonohaLink.datファイルで行います。以下のフォーマットで記述してください。

言葉<タブ>URL

各項目の間はタブで区切ってください。標準添付のKotonohaLink.datにはいくつかのサンプルが記述されていますので、参考にしてください。
なお、それぞれの項目にはPerlの正規表現を使用します。
KotonohaLink.datファイルの文字コードはEUC-JP、改行コードはLFにしてください。

個人的に引っ掛かった部分を以下に整理。

  1. この部分<$MTEntryBody KotonohaLink=”1″$>の意味は、メインページや個別ページなどのテンプレートの中に<$MTEntryBody$>というタグが記述されているので、その中にKotonohaLink=”1″を追加してあげればよい。
  2. 上の1.だけでは引用にある「エントリの本文中の定義された言葉」とあるように、エントリー画面の「エントリーの内容(body)」に記述されたキーワードしかリンクされず、「追記(more)」に記述したキーワードについては自動的にリンクがされません。swimmer’s bbog ver.2.0に「追記(more)」部分でも自動的にリンクが貼られる方法が載っていますので参考にしてみてはいかがでしょうか。
  3. 言葉<タブ>URLの部分は、サンプル記述をみればだいたいは分かるかと思います。キーワード<キーボード上にあるTabキーを押す>キーワードに対するURLを記述。

以上が自分がつまずいた部分です、参考にならないかもしれませんが少しでも役立てば幸いであります。

▽参考サイト
MovableTypeで行こう!:KotonohaLinkプラグイン
swimmer’s bbog ver.2.0

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE

    2011.07.05

    WordPress 3.2
  5. NO IMAGE

    2006.05.21

    AmazonSearch設置
  6. NO IMAGE
  1. blog*note 2006.05.23 11:50pm

    KotonohaLinkプラグイン

    特定のキーワードに対し、自動でリンクを貼ってくれるプラグインの紹介です。 【概要…

2005年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930