市民50kmを振り返って

今年のツール・ド・おきなわも市民レース50kmを走った。
スタート時の天気は曇り、暑くなく走りやすいかといった感じの空模様だった。
しかし、その後、だんだん雨が降る天気へと変わっていく。
自分ら市民50kmは降りだす前にゴールしていたけど、80km以上の選手の方々は豪雨に見舞われたらしい。


キッズメンバーの大部分は80km以上のエントリーだったので、気にはなりながらも全員無事ゴールするのを待つしかなかった。
豪雨の影響だけでなく、スタートが大幅に遅れたものの関門ではその時間が加味されなかったことによって、失格者が続出という事態になってしまい、残念な結果に終わった方々も多数だった。
80kmと120kmの完走率は30%ちょっとと言う厳しいリザルト、これは後々に尾を引きそうな問題になりそうな感じとの声もある。
さて、自分の市民50kmレースを振り返って。
結果から言うと去年の成績より悪かった、タイムにして約5分、順位で100位ほど。
明らかに乗り込み不足、かつ、集団走行の練習不足。
今年のレースにおいて、反省点ばかりで満足できる部分は皆無だと思う。
市民50kmは参加者が約400人と多く、大集団のなかで複雑な動きをする方もいて巻き込まれぬよう慎重に走ることにした。
去年は本部半島の海岸線で大きな落車がありそれで先頭集団と大きく離されたのですが、今年は大きな落車も無く順調と思っていたら渡久地港の手前で落車に遭遇してしまった。
ここから先頭集団に一時追いつくも練習不足がたたって徐々に後退、本部関門前では先頭集団は遠くにしか見えない状況になっていた。
ここからは後続集団にのって行かなければならないはずだった。
しかし、集団に入ったかと思えば、脱落するパターンで順位をおとす。
ジャスコ付近までこれの繰り返し、結局、最後は単独でゴールだった。
集団に喰らいついて行く精神力のなさ、併せて、ついて行ける脚力の足りなさ、今回はどれも欠けていた。情けない限り。
来年は市民80kmに挑戦しようと考えているが、力のあるメンバー達でさえ厳しいと言うのだから、自分なんて人並み以上の練習をしなければゴールは見えてこない位にハードルは高いと言うこと。
だからこそ、達成感もあるのだろう。叱咤激励されながら頑張るしかない。
市民レース50km 結果
タイム 1:30:53.673 順位 199位

関連記事

  1. 2006.01.10

    KIDSステッカー
  2. WordPress

    2009.06.23

    慰霊の日
  3. WordPress
  4. NO IMAGE
  5. WordPress
  1. かんぶん 2005.11.15 10:43pm

    5分で100位も落ちるなんて厳しい世界ですね。
    今日、自転車を借りていた職場の先輩とツールドについて話したのですが、先輩曰く「50の5分は、那覇マラソンでいう4時間台と5時間台の差だよ」と言われました。
    来年は1分、1秒でも短縮できるようお互い頑張りましょう。

  2. もんち 2005.11.16 12:16pm

    かんぶんさん、お疲れ様でした。
    >>5分で100位も落ちるなんて厳しい世界ですね。
    今年の市民50kmリザルトと見ても、5分タイムを縮めれば順位が100位近く上がり去年と同等な成績でした。
    それから考えると、シビアな世界です。
    また、来年に向けてお互い頑張りましょうね!

2005年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930